「宗祖上人ご生誕百五十年祭」に関するお知らせ

2020.09.14

2021(令和3)年4月24・25日に福岡市のマリンメッセ福岡で開催予定でした「宗祖上人ご生誕百五十年祭」は、現下の新型コロナウイルス感染症の拡大状況などを鑑み、ご参列の皆さまの安全を第一に考慮して次のとおり変更いたします。

 

1.親先生やお同行様を対象にした「宗祖上人ご生誕百五十年祭」を、1年後に延期し、

2022(令和4)年4月に、大本山瀧光徳寺にて厳修します。

※具体的な日時や実施内容、開催規模等は、今後、新型コロナウイルス感染拡大状況や社会状況を

考慮しながら検討し発表します。

 

2.当初予定していました2021(令和3)年4月24・25日は、宗祖上人が150歳という節目の年に

あたり、今日まで全宗人で目標として目指してきたお日柄でもあるため、

 

・2021年4月24日に「宝蔵比丘如来入仏法要」

・2021年4月25日に「宗祖上人ご生誕百五十年祭(法要)」

 

を、管長猊下大導師のもと本宗役員(長老、責任役員、参与、宗会)を職衆に、大本山瀧光徳寺にて勤めます。

 

※両日とも、親先生やお同行様のご参列はご遠慮願いますが、インターネットによるライブ配信を行います。

 

なお、現在取り組んでいます「宗祖上人ご生誕百五十年祭」成満のための祈願文や「ありがとうございます」の念仏行は、親先生やお同行様を対象に厳修する2022(令和4)年4月の「宗祖上人ご生誕百五十年祭」が終了するまで行います。

 

また、「宗祖上人ご生誕百五十年祭」に関する変更事項などの詳細は、『めぐみ』148号(10月末発行予定)にてお知らせいたします。